グリーンネイルの原因と対策

ジェルネイルやスカルプネイルを楽しむ人が注意したいのが、グリーンネイルと呼ばれる症状です。

名前からして緑色のネイル…?と勘違いしてしまいそうですが、グリーンネイルとはジェルネイルやスカルプネイルを楽しむ人なら誰にでも起こりえてしまう一番のトラブルで爪の病気の一つなのです。

感染するとクリアネイルならうっすらと緑になってきているのが分かります。
濃い色のネイルだと外すまで感染に気付かないということも珍しくありません。

グリーンネイルは誰でも持っている緑膿菌と呼ばれる細菌に感染してしまうことで起こります。
例えばネイルが割れていたり浮いてきてしまっているのを放置してしまうと、ネイルと自爪の間に水が入ってしまいます。
するとずっと湿った状態が続き、感染・発症してしまうのです。

細菌感染なので放置していたら勝手に治ってた、ということはありません。
感染を放置してしまうと爪が割れてしまったり、最悪の場合は剥がれてしまうこともあるそうです。

特にフットジェルネイルの場合はハンドのように頻繁に替えて楽しむことも少ないです。グリーンネイルの自覚症状がないことも併せて気付きにくいので注意しましょう。

もしグリーンネイルになってしまったらすぐにネイルを完全に除去し、病院で適切な処置を受けるようにしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る