ジェルネイルをできるだけ長持ちさせる方法

色んなデザインで楽しむことができるジェルネイルはとても人気があります。このジェルネイルは施術してから大体3週間〜1ヶ月ほど楽しめます。
しかしライフスタイルや爪の状態によっては2週間程度の早いタイミングでダメになってしまうこともあります。
ジェルネイルの持ちが悪いのにはきちんと理由がありますので、今回はジェルネイルをできる限り長持ちして楽しむコツをご紹介したいと思います。

まず日常的に水仕事などで手が濡れる機会の多い人はジェルネイルが剥がれやすいです。ジェルネイル自体が水やお湯などに弱く、長時間濡れた状態でいるとふやけてしまって剥がれてしまうのです。
できることならば水仕事をするときはゴム手袋やビニール手袋をするなど工夫してみましょう。
さらに爪の先をよく使うという方もネイルが剥がれやすいです。例えばテープを剥がす時に爪先を使っていたり、爪を立ててシャンプーをしがちだったりと、こういう爪に負担のかかる動きはネイルの寿命を縮めてしまいます。

またセルフネイルの場合、爪の先まできちんとネイルが塗られていない場合もあります。爪の先まで塗られていないとちょっとした負担でも剥がれやすくなってしまうので、最初に爪の先の白い部分から塗り始めて全体に塗るようにするとある程度持ちやすくなります。

このようにジェルネイルがあまり持たないという方は、ライフスタイルやそもそもネイルの塗り方に問題がある場合があります。
プロに任せている場合は塗り方よりもライフスタイルに原因が隠れていることが多いので、一つ一つ見直してみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る