爪を補強したい、ネイルを直したい!そんなときはネイルサロンへ

自爪やネイルが欠けちゃった、割れちゃった・・・という時はネイルサロンで「ネイルリペア」をしてもらうことができます。
どちらの場合でも「ネイルリペア」で、やってもらえるのは補強や修復ですが、それぞれ少しだけ意味合いや目的が違ってくるので今回はそれをご紹介したいと思います。

まず自爪のリペアですが、ジェルネイルをする前に爪をネイルに適した形や長さを整えたり割れたり欠けている部分を修復するのが目的です。
爪が適切な長さ・形ではなかったり割れている、欠けているのにネイルをしてしまうと綺麗なネイルにならないだけではなく、持ちも悪いですし爪への負担も大きくなってしまうと悪いことばかりです。

ネイルのリペアはすでに施術してあるネイルの伸びた部分を直したり浮いた部分を塗り直したり削り取ったりして修復するのが目的となります。

こうした爪やネイルのリペアは道具があればセルフでもすることは可能ですが、高い技術が必要です。技術に自信がない場合は無理せずにネイルサロンで相談してみることをお勧めします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る